MOTOI KAWASHIMA 
OFFICIAL WEBSITE

PROFILE SCHEDULE CD BLOG PHOTO CONTACT
&
LINK
DEUTSCH

愛しの我がピアノ

久しぶりに日記というか最近の出来事を書いています。

僕の家にあるピアノはドイツの名器“ベヒシュタイン”。

このピアノは僕がワイマールで教えていただいたアーレンス教授から譲り受けたもので、1900年から1910年の間にベルリンのクロイツベルクで製造され、その後ライプツィッヒに住んでいたドイツ人に引き取られ、その後の第二次世界大戦の戦火をまぬがれ、僕がベルリンに引っ越してきた2002年に約100年振りにベルリンへ再び戻ってきた、もう100歳になるピアノなのである。

古いピアノは新しいピアノと比べると、音色がやわらかく、ふんわり、しっとり落ち着いていて実に心地よい。さすがに名器だけのことはあり、100年の歳月が過ぎた現在もピアノの音色の輝きは失っていない。

このピアノをアーレンス教授から譲り受ける際に、「このピアノはとっても壊れやすいからモーツァルトやバッハやハイドンはいいけど、プロコフィエフやラフマニノフを弾いたら壊れるよ。」と言われ、僕もその言葉を信じて今まで大きな音のする曲(例えばロシアもの)は家でなるべく練習しないようにして、そういう曲は学校に行き、耐久力の優れたスタインウェイピアノで練習することにしている。やはり自分のピアノは可愛いのであまり傷つけたくないのが親心というもので・・・。

学校のピアノ達!すまん!!

そして僕のピアノは鍵盤が85鍵で(どうしてかは謎)通常のピアノが88鍵あるから3つの鍵盤が足りないのであるからして、もし僕がリゲティなどの現代曲を弾くようなとき、側の黒い板の上を鍵盤に見立てて叩くということもある。

そんな僕の愛すべきベヒ(注:“ヘビ”じゃなくて)も、とうとう修理に出されることとなった。

アクションの一部分が100年前に製造された当時そのままのもので、最近練習していると鍵盤が下がらなくなることが随分と多くなったので(消耗品であるからいずれはこのような状態になるとはいっても)、ベヒシュタインのピアノ技術師の方と相談した結果、ハンマー部分と共にアクションの部分を全て新品に取り替えることが最善の選択ということでそうしてもらうことにした。
それに伴って響きも若干変わるかもしれないが、それも止むを得ないであろう。

いずれは日本にも記念として持ち帰り、今後も死ぬまで一緒に仕事をしていきたい仲なので大事にしてあげたい。


コメント
はじめまして!
お祝いメッセージを頂いて、ありがとうございます!!!
月光院さんもピアノをお弾きになるのですか?
また、遊びにいらしてくださいね。
これからもどうぞよろしく!
もとい URL 2005年10月07日 21:04:37 編集
Unknown
すばらしいですね!
僕の「愛しの」ピアノ・・・・という表現が、あまりにも自然体で、自然体な分、その思いがそのまま伝わって参りました。
バッハやモーツアルトはいいけれど、プロコフィエフやラフマニノフを弾いたら壊れる・・・・ピアノ

思わずそのタッチや音色が感じられます。

mixiというネット内を見て廻っているうちにここに辿りつきました。月光院と申します。
どこにコメントを書き入れようかと思ったのですが、
ここの「愛しの我がピアノ」の日記欄にいたしました。

シューベルトコンクール第一位、
おめでとうございました。
今後のご活躍を期しております。

gekkouinn URL 2005年10月03日 09:44:24 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク