MOTOI KAWASHIMA 
OFFICIAL WEBSITE

PROFILE SCHEDULE CD BLOG PHOTO CONTACT
&
LINK
DEUTSCH

夏はどこへ?

寒いです。最高気温15度ってどうでしょうか?夏なのに・・・。
毎日ジャケットやジャンパーを着て出かけてます。この季節、半袖+短パンのはずなのに・・・。

でもピアノを練習するには、これくらいの気温が最適かもしれません。とにかく集中できるし、寒いから誘惑も少ないし(注:オープンカフェでくつろぐ)、他にすることがないから最終的に“練習”に落ち着くわけです。練習しないといけない曲が沢山ある僕にはとってもいい天気なのかもしれません。

僕はどちらかというと“暑がり”で、夏は苦手です。冬も苦手ですけど・・・(あっ・・・)。冬は何が嫌かというと、気温ではなくて、毎日灰色の天気が我慢ならんだけですけどね。

去年の夏、久しぶりに日本の夏を体験しました。約7年ぶり!に日本の夏を味わいましたが、ここドイツの気候に完全に慣れてしまった僕の体は、連日の猛暑のせいで体力の消耗が予想以上に早く、ちょっと歩いただけで体中へとへとでした。歩いては一休み、また歩いては喫茶店という感じでした。

ピアニスト=体力なし
ピアニスト=不健康
ピアニスト=白い

そう思いませんか?

次回、夏のリサイタルで死にそうになったお話し。





コメント
こんにちは
ようこそ mahoさん!!

う~ん、確かに男性ピアニストはそういう感じの人が多いですよね。
でも、実際ピアノを演奏するという事は、相当体力を必要とする作業なので、「体力不足」は致命的なのですが・・。

ひそかに体力回復をめざして始めた事がありますので近いうちにUPしますね。

もとい URL 2005年08月10日 20:29:34 編集
ピアニスト
私も暑がりなので夏よりはまだ冬の方がマシという感じです。冬は冬で大変ですけど・・・
「ピアニスト=体力なし
 ピアニスト=不健康
 ピアニスト=白い」
私の周りにもそういう男の人がいるのでおかしかったです。
maho URL 2005年08月10日 09:12:18 編集

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク