MOTOI KAWASHIMA 
OFFICIAL WEBSITE

PROFILE SCHEDULE CD BLOG PHOTO CONTACT
&
LINK
DEUTSCH

誰かと思えば

こないだ学校でシューベルトを練習していた時のこと。

部分練習をしていたら、ドアをコンコンとノックする音。

「ん!?」と思って手を休めるとガチャッと誰かが扉を開けた。
そこに立っていたのはベルリンのもう一つの音楽大学“ハンスアイスラー”に通うピアノのS君だった。彼とはたま~にばったりどこかで会ったりするのだが、何故僕をわざわざ訪問してきたのか不思議がってると、突然誰かが、

「こんにちわ~っ」

誰だ!?

「あ”~~~っ」

ビックリして眠気が一気に覚めた。

そこにいたのは「きっちゃん」の愛称でみんなに親しまれているK君だったのだ。

K君とは大昔!?、何年も前の日本音楽コンクールで苦楽!?を共にし、彼はその時の優勝者で、半年後の東京芸術劇場での「優勝者記念コンサート」で演奏したシューマンの「ピアノ協奏曲」は何年も経過した今でも強く印象に残っている。

当時、特に本選での僕は、周りからのプレッシャーと「なんとしてでも!」という間違った意気込みが災いし、音楽を奏でる悦びを感じることもできず、不満足な結果に終わってしまった。よく言う“若気の至り”ピアノでラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」を弾き飛ばし、音楽を味わうこともなく終わってしまった。

一方の彼は全く僕とは正反対で、一音一音味わいつつも、よく吟味して音を出し、音楽に対する愛情がそこに溢れ、聴くものを幸せにする演奏であった。

かつてのライバルも今は良い仲間で、コンクール後もバッタリ何度かここヨーロッパでも出会った。

彼はコンクール後、僕より一年後に渡欧し、現在も住居をパリに構え勉強している。今回は彼の日本での先生がライプツィッヒで講習会をされていて、彼のところに訪問するついでに、観光でベルリンに遊びに来たとのことだった。

「長話もここではなんだから、明日お茶かご飯でも行く?」

「じゃあ、お昼ご飯でも!」

ということで、S君夫妻?(ごめんね。僕らはこう呼んでます・・・)とK君と共に日本料理の名店「ささや」に行く事に。

S君たちとも久しぶりに会話ができて、K君ともたっぷりお話しし、あっという間の2時間であった。聞くと、K君は僕のHPの愛読者である事が判明!ちょっと恥ずかしかったけど、光栄でございます。K君またメールくれ!!

きっとこれからも刺激をし合える良い仲間であり続けられるだろうK君と、また近いうちの再会を誓い、彼はS君夫妻と僕が日記で書いたベルリンのホットなスポット「ハッケシャーマルクト」へと観光に出かけていったのでした。

コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク