MOTOI KAWASHIMA 
OFFICIAL WEBSITE

PROFILE SCHEDULE CD BLOG PHOTO CONTACT
&
LINK
DEUTSCH

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

ワイマールの想い出(映画編 パート5)

時計は午前2時をまわっていた。もうかれこれ5時間くらい外でベンチに座り、じっとしている。

4人のでっかい男たちが、体と体を寄せ合って互いに体温を吸収しあい、寒さに耐えている。

相変わらず監督Aの指示は細かく、それが完璧に出来るまで何度も撮り直しが行われた。やっと撮影が終わり、時計を見るとすでに午前4時。よく耐えたなぁ。

一同、疲れ切った顔でお互いに挨拶を交わし、それぞれ車に乗り解散した。

ところが、撮影はこれで終わりではなかったのだ!

翌日、またAから電話がかかってきて、

A:「あの映画の残りを撮りたいから、またよろしく!」
僕:「もう、終わったんじゃないの?」
A:「朝のシーンは、朝に撮らないと撮れないから、早朝撮影をする。」

(そんな話聞いてないよ~~。「すぐ終わるから・・・」って最初言ってたクセに!!調子良過ぎ!)
などと今更思っても、心優しい僕は、もちろん「はい。はい。」言って次の日曜の朝6時にお迎えがくることを承諾した(単に断わり方を知らなかっただけだが。)。

朝の撮影は思ったほど長くなく、2時間ほどで終了し、僕は念を押して「もう、撮影はないよね?ないよね?ないあるか?」みたいに何度も尋ねたが、監督Aは「ありがとう。もう終わりです。」

(やった~!これで終わった~!)

と思ったのもつかの間!!、数日後、MENSAで監督Aに出会い、

A:「本当に申し訳ないんだけど、日本のラジオ局だけ受信できなかったので、君がアナウンサーになって録音してくれない?」
僕:「アナウンサー??」
A:「そう。例えばニュースで、最初にアナウンサーが挨拶するでしょ?それとか・・・・」
僕:「・・・・・・・・。」
A:「じゃあ、あさっての2時にここで!」

(まだなにかあるのかよ~~!お前は調子良子ちゃんなんだよっ。)
心優しい、断わり方を知らない僕は「はい。はい。」言って、またAの思う壺であった。


次回はいよいよ最終回!(いつもすみません。引っ張って・・・)
コメント

管理者だけに表示する

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。