MOTOI KAWASHIMA 
OFFICIAL WEBSITE

PROFILE SCHEDULE CD BLOG PHOTO CONTACT
&
LINK
DEUTSCH

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | スポンサー広告

恩師の演奏会


先日(といっても先々週)、ワイマール時代にお世話になった恩師:ロルフ=ディーター・アーレンス教授がベルリンでオーケストラとモーツァルトのピアノ協奏曲を演奏した。
2日間続けてのコンサートだったがどちらも演奏会場は教会で、フィルハーモニーホールとかコンツェルトハウスの様な、いわゆる大きな会場ではなかったが、オーケストラの編成規模を考や、プログラムの性格を考慮すると会場は適当なように思えた。
この日はよりによって、マイナス20度!!顔がカチコチに凍りつきながらも、遠い遠い教会まで足を運んだ。
作品番号KV.414の協奏曲だったが、作品にピッタリの明るい音色でアプローチも的確、とても瑞々しいモーツァルトだった。

先生との出会いは今から8年前。僕が東京音大の大学院に在籍していたとき、学校からの招聘でマスタークラスをされに来られた時だった。あの頃から比べると、顔が少しおじいさんになられたかな・・・と思うけれど、相変わらず元気でよく喋る。
8年前、レッスンで弾いた曲はラフマニノフのソナタ2番で先生からは程遠い作品であった。というのも、先生は完全に“バロック、クラシック”の人で、師事した先生もバドゥラ=スコダというように、ロシア近代作品には全く向かないピアニズムで、バッハ、モーツァルトなどを得意とするピアニストなのだ。

彼は東独時代、とても活躍した人だった。東独時代に製作された沢山のレコードから、彼がかなり有名なピアニストだったことが窺える。
しかし、壁が壊れ、東西統一直後は過度のプレッシャーからか、一時期自信喪失したこともあったそうだ。

東独時代には“ピアニスト”としても職業があって、皆が会社で仕事をするように、彼もまたピアニストとして仕事をしてきたのだが、東西統一後、欧米のピアニスト達もが自由に演奏会が出来る状況になったため、自分の“ピアニスト”としての活躍の場が今までどおりに提供されなくなった。

彼が立たされた状況は我々日本人からとってみると理解し難いところがあるだろう。だって、今まで暮らしてきた国が突如として変わり、今まであった仕事がなくなり、急に会社に見知らぬ同僚が増え、彼らと競争しなければいけない立場になり、必要とされなければ捨てられるのだ。

しかし、そんな困難を乗り越え、60歳を過ぎた今でも若々しく演奏できる彼を僕は尊敬している。そんなアーレンス先生は3月に紀尾井ホールにてこのKV414の協奏曲を新日本フィルと演奏されるそうです。
スポンサーサイト

ブラボー!ウィーンフィル

あけましておめでとうございます。
新年は日本でもお馴染みの恒例「ウィーンフィル・ニューイヤーコンサート」を見て過ごしました。

毎年毎年、シュトラウスのワルツばっかり良く飽きないなぁ~って思いつつも、やはりこれを観なくて新年は迎えられん!と見てしまうのですよ。「紅白歌合戦」みたいなものでしょうか。

今年はモーツァルトイヤーなので、通常は演奏しないワルツ以外の曲、「フィガロの結婚:序曲」や、だれが編曲したのか分らなかったけど、「ドン・ジョバンニ」からの抜粋をワルツに編曲したもの!(これが以外に面白かった)など、初の試みがあったお陰で、とても面白く、退屈することなく見れました。

指揮はベルリン・フィルにも客演することが多い、マリス・ヤンソンスでした。僕は今まで一度も彼の演奏に接したことがなかったのですが、本当に素晴らしい指揮者だと思いました。特に変わったことをすることもなく、いわば“王道”を行く指揮でしたが、音楽の髄まで知り尽くしているような、そんな印象を受けました。今度ベルリンに彼がきたら是非聴きに行きたいと思います。

ヤンソンスがアンコールの時に聴衆に向かって言った言葉がとても印象的でした。

 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。